3ナンバー 5ナンバー 維持費 違い

維持費や税金の違い

3ナンバーと5ナンバーの違いと言えば、単純に車の大きさですが、それに伴い税金や保険料等の維持費が違うとお考えの方は多いのではないでしょうか?

 

概ね間違いではありませんが実際には、細かな規定があり「ナンバーの違いで維持費が変わる」という訳ではありません。

 

●3ナンバー車と5ナンバー車の違い
まず、5ナンバー車とは、全長4.7m以下・幅1.7m以下・高さ2m以下・排気量2000t以下の車で、この5ナンバーの基準より大きい車が3ナンバー車となります。この基準は国土交通省が定めており、5ナンバー車は小型車、3ナンバー車は普通車、と区分されています。

 

●車の税金
車の税金には3種類あります。

 

排気量によって決まる自動車税。
車両重量によって決まる自動車重量税。
車両本体価格によって決まる自動車取得税。

 

この3種類ですが(購入の際に消費税もかかります)この中で車種の違いが税金額に響くのは自動車税と自動車重量税となります。

 

ここで一旦、3ナンバー車と5ナンバー車の話に戻します。

 

小型車に分類される5ナンバー車ですが、たとえ2000t以下でも、幅が1.7m以上あれば3ナンバー車となります。これを踏まえると、自動車税は排気量で決まる為、3ナンバー車でも、税金は5ナンバー車と同額になります。この車のサイズ規定は日本独自のもので、この規定に海外の車を当てはめると、3ナンバー車なのに税金は5ナンバーと同額になる車が少なからずあります。更に、最近では、国産車でもこういった例に当てはまる車があります。

 

ですので、5ナンバー車と3ナンバー車というだけで税金が変わる訳ではありません。

 

また、幅が1.7mと1.75mの様に、多少の違いで使い心地が変わる訳でもありませんから、ナンバーの違いが税金の違いとお考えの方は、排気量や車両重量で税金が変わる、と覚えておけば、車選びの幅が広がるのではないでしょうか?

 

●ナンバーによる自賠責保険と任意保険の保険料の違い
まずは自賠責保険ですが、これには5ナンバーと3ナンバーの違いはなく同額です。

 

任意保険についてはこれもナンバーでの違いではなく、車種によって保険料が異なります。基本的に事故の発生率が高いとされる車や、車両価格が高い車に高い保険料が設定されて
いるようです。

 

他にも、衝突安全ボディ、エアバッグ、ABS、横滑り防止装置、盗難防止装置といった、安全や防犯の配慮がされている車ほど保険料が安くなります。

 

 

ところで・・・
あなたの車が今どれ位で売れるか興味ありませんか?カービューなら今の買取価格の相場が簡単な入力で見る事ができます。

 

オンライン査定なので査定後の営業などもなく、気軽に相場が確認できるのが人気となっていますので愛車の相場に興味があるならおすすめです!

 

「カービュー」なら3分で買取価格の相場が見れる!

手続きはたった3分!複数社から一括見積り!

1.地域の会社を選択

2.自分の車の情報を入力

3.名前・メールアドレスを入力

4.入力したらページ下にある『申込む』ボタンをクリック!

最低限の情報を入力
あとは、表示される査定額がいくらになっているか確認!

簡単入力で複数社から一括見積り取得できて
そして最高価格をあなたが選べるのがカービューの車一括査定の魅力です!